■技術委員会
 
 
 トップページ ≫ 技術委員会の活動

 技術委員会は以下のような活動に取り組み大分県サッカーの向上と普及を目指します。

1 大分県サッカー協会技術委員とは
 ユースダイレクター、選手育成(トレセン)スタッフ、指導普及スタッフ
 ユースダイレクター、チーフインストラクター、キッズリーダーインストラクター、GKプロジェクトスタッフ
 地域・種別技術委員長  *国体はトレセンに含む。
2 拡大技術委員長会議の出席者  *組織図を参照
 常務理事、技術委員長、副委員長、選手育成部長、指導普及部長、TUVW種女子技術委員長
 種別技術委員長、地域の技術委員長、ユースダイレクター、チーフインストラクター
 選手育成(トレセン)スタッフ、指導普及スタッフ(インストラクター)、スーパーバイザー(NTC)
 技術委員会事務局
3 委員長の決定方法及び任期
 技術委員長会議で選出し、理事会で承認する。
 任期は、2年(県協会に準じる)最大年数を10年とする。
4 会議開催予定  *組織図を参照
 ・拡大技術委員長会議は 年3回
   第1回 本年度のビジョン、ベクトル合わせ
   第2回 来年度の予定、カレンダーの確認
   第3回 総括、次年度への課題(全国技術委員長会議を受けて)
 *その他 技術委員会の活動を運営・調整する目的で運営会議を適宜開催します。
5 選手育成部(トレセン)の活動計画
 @トレセン活動の充実 
 A国体強化(ポイントの獲得) ☆成年と大学の連携
 B各カテゴリーでのリーグ戦の本格実施
6 指導普及部の活動計画
 @C級講座の充実、C級リフレッシュ研修の充実 
 AA、B級トライアルの実施
 Bトレセンデーの活用
 *法人化当初の活動計画


このページの内容の無断複製を禁じます |  Oita Football Association 2003